夕食は22時、スペインの食事情。

E7D_2543

朝ごはんは7時、お昼ごはんは12時、夜ごはんは19時。多少前後することはあれ、日本で一般的な食事の時間はこうですよね。それがスペインでは朝食は7時。昼食は14時、夕食が22時頃というのが一般的です。ヨーロッパでもこんな時間の生活をしているのはきっとスペインだけだと思いますが、そんなスペインの食生活を見ていきましょう。

 

食事の時間がおかしい

spain-comida02

スペインに来て一番驚いて、一番大変なことといえば、食事の時間。もうスペインに来て数か月経ちますが、未だに慣れません。どう頑張っても体が順応する気がしません。

朝食

スペインでも朝食は7時頃から食べ始めるのが一般的です。いくら夜型生活をしているとはいえ、仕事はあるし、それなりに真面目に働いているので朝はちゃんと起きます。学校も日本と同じく8時頃から始まります。しかし休日となると話は別。夜遅くまで起きているので朝はゆっくりします。起床は9時や10時。それから朝食を食べ始めます。

夕食が遅いスペインでは、朝食は軽く食べる程度。トーストやチュロス、クッキーにコーヒー。それだけ食べて仕事へ向かいます。もちろんお昼前にお腹が空くので、第二の朝食ともいえるような間食をとる人も多いようです。

昼食

小中学校は14時に授業が終わって、会社も14時になるとお昼休憩です。最近は仕事の効率化のためにシエスタ(昼寝)の習慣がなくなりつつあるとはいえ、街のお店は14時から16~17時頃まではいったん閉まるところが多いです。大学や会社も16時になると再開します。スペイン人はそういう生活をしているので、昼食は14時、早くても13時頃から食べ始めます。

そして、これも他の国と違うのですが、スペインでは昼食が一日のメインです。ワインやデザートを楽しみながらゆっくりとするので、日本の牛丼屋のような光景は見られません。16時頃までテラス席でゆっくりと語らう人の姿が見えます。ゆとりがあるっていいですよね。

夕食

夏は21時頃まで明るいスペイン、小さな子供たちもこの時間まで外で遊んでいます。なので、もちろん夕食はこの時間から。遅い家では23時頃に食べることもあるんだとか。でも夕食は軽く食べる程度なので、レストランはさほど賑わいません(最近は夕食をちゃんと食べる人も増えてきたそうです)。逆に賑わってくるのがバル(居酒屋)。お酒と「タパス」と呼ばれる小皿料理をつまみます。

スペイン人の友達に「こんな遅い時間に食べたらお腹空かない?」ときいたら「だって19時に食べたら寝る前にお腹空くでしょ?」と言われました。それはあなたたちの寝る時間が遅すぎるだけだと思います。早く寝ましょう。

 

食事は美味しいけれど

spain-comida01

スペイン料理といえばパエージャ(日本ではパエリアといいますが、スペイン中心部の発音だとこうなります)やトルティージャなどを思い浮かべますし、実際そういう料理が好まれています。しかし、それは伝統料理。スペインをはじめ西ヨーロッパの多くの国ではピザやフライドポテトなどのジャンクフードがよく食べられています。大衆食堂や学生食堂と呼ばれるようなところのメニューはとても健康的とは言えません。

上の写真はとある学生食堂のある日のメニュー。この食堂では5ユーロでプリメーロ(一皿目)、セグンド(メイン)、デザートとパンが食べられます。プリメーロはサラダ、野菜、米(白米はありません)から選ぶことができます。セグンドには肉か魚。それに沿えるフライドポテトかガーリックライス、サラダを選ぶことができます。デザートはフルーツかプリンなどのスイーツ。メニューを見ると美味しそうなのですが、全体的に大味で脂っぽいことが多いです。

レストランに行けば味は美味しいのですが、やっぱり脂っぽい料理が多いようです。そんな食生活をしているスペイン人なので、死亡原因の上位は心疾患系が占めています。しかし、平均寿命は日本とほとんど変わりません。もしスペイン人が健康的な食生活をしていたらいったい何歳まで生きるんですかね。

 

チェーン店がほとんどない

spain-comida03

これはヨーロッパ一般に言えることですが、飲食系チェーン店が少ないです。マクドナルドやバーガーキングなどのファストフード系のチェーン店はあちらこちらにありますが、日本で言う牛丼やカレー、イタリアンといったチェーン店はほとんどありません。スペインの飲食店におけるチェーン店の割合は2%で、日本の10%と比べると少ないですよね。そしてこの2%の多くがファストフード系なので、いかにチェーン店が浸透していないかが分かりますよね。マドリードなどの都市部にはアジアンフードや健康志向のチェーン店があるようですが、地方での知名度はゼロに等しいです。

その大きな理由は、いまだに個人経営の店舗が多いから。やっぱりリーズナブルな価格で品質のいい大企業が進出してくるとお店が潰れちゃいますからね。進出しようにも地元の猛反発を受けるので、地方での事業展開が難しいというのが現状です。

スペインなどヨーロッパの飲食産業については日本貿易振興機構(ジェトロ)の調査報告書が出ているので、興味のある人はそちらを読んでみてください。
https://www.jetro.go.jp/ext_images/jfile/report/07000719/spain_service_industry.pdf

 

お酒もおつまみも安い

spain-comida04

朝から夜まで、ずっとバルにお客がいるスペイン。やっぱりお酒は美味しいんです。そしておつまみも美味しいんです。でも美味しいだけじゃスペイン人のお財布が持ちません。やっぱり需要がある分、とってもリーズナブルに飲んだり食べたりすることができます。

地域によっても物価は変わってきますが、いま住んでいるサラマンカという町では中ジョッキもグラスワインも2ユーロ未満が当たり前。スペインの夏の定番サングリア(ワインにフルーツやシロップを入れて甘くしたもの)も一杯1.5~2ユーロで飲むことができます。小皿料理のタパスも種類はいろいろで、アヒージョや唐揚げなどが食べられます。もちろんお酒との相性は抜群で、知らず知らずのうちに飲みすぎてしまいます。

たとえばバルで中ジョッキ1杯+タパス2皿を頼んだら3~4ユーロ。10ユーロも持っていけば2~3軒ハシゴして大満足できます。バルについてはまた詳しく書きますね。

spain-comida05

もちろん、みんながみんな毎日バルに行くわけではありません。家でも飲みます。お店でも飲んでも安いのですが、スーパーでお酒を買えばかなり安く済ませることができます。ハイネケンは1ユーロ、ワインは5ユーロ(それなりに美味しい)、CAVAも5ユーロというお値段。生ハムもパックに入ったものが1ユーロから買えます。1ユーロといえども、日本に売っているまあまあのお値段のものよりずっと美味しいです。

そんな国スペイン、お酒が好きなら天国のような場所でしょう。

It\'s only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone