スペインに自動車教習所がないってホントですか?

[:ja]path3792

きょうも当たり前のように自動車を運転しているみなさん、こんにちは。何年も前のあの日、自動車教習所で助手席の教官に怯えながらハンドルを握っていたのが懐かしいですね。地方では自動車がないと生きていけない日本といえども、運転免許を取るのはそう簡単ではありません。ところで海外ではどうなっているんでしょう。今回はスペインの免許事情についてみていきましょう。

 

スペインの免許制度

autoescuela04

スペインの免許はEU標準の制度を利用しています。EU加盟国の免許保持者であればスペインでも書き換えなしに運転できます。日本の国際免許でも運転することができます。おもな免許区分は上の図の通りですが、牽引の条件など、区分はさらに細かく分かれています。

スペインでは2006年から点数制度が導入されて、交通違反をすると点数が引かれます。基本的に持ち点は12点で、ゼロになると1年間の免許停止。1年後に通常の筆記・実技試験、さらに特別講座と特別試験を受けることで再び免許を取得できます。もちろん点数制度導入前にも罰金の制度はありました。

 

教習所がないってホントですか?!

autoescuela01

さて、免許制度が分かったところで、免許取得までの過程を見てみましょう。日本だとほとんどの人は自動車学校に行きますよね。スペインにも自動車学校はあります。でも、教習コースがないんです!自動車学校は手続きや座学をするためだけのところで、運転の練習をする施設を持っていません。
 

「え!じゃあどうやって運転の練習をするの?」

 
もちろん公道を使うしかありません。日本だと考えられない話ですが、はじめてハンドルを握るその日からいきなり公道を走行します。恐ろしいですね。大きな自動車学校にはドライビングシミュレーターもあるようですが、個人経営の小さな自動車学校もあります。そういうところでは、練習のしようがないのでぶっつけ本番。実はこれ、ヨーロッパに限らずアジアの外では一般的です。アメリカにいたっては自動車学校すらないので、家族に運転を教わります。

 

路上教習、はじまります。

autoescuela02

自動車学校で入校手続きを済ませたら、日本同様に座学の時間があります。スペインの道路交通法も厳しく、標識や駐車禁止場所などを学びます。そして、実際に自動車に触れて、実践的なことも学びます。タイヤの消耗具合やエンジンオイルのことなども学びます。テストに出ます。最近はオンラインレッスンもあって、座学はオプションにしているところもあるようです。

知識を身に着けたら路上教習のはじまりです。スペインには仮免許制度がないので、免許を持っていない人は資格を持っているインストラクターの指導の下でのみ運転ができます。さすがにいきなり公道で流れに乗って走るのは危険が高すぎるので、最初は交通量の少ない場所や駐車場などで車を動かします。

ヨーロッパではいまもマニュアル車が主流です。AT車に乗っているのは身体障がい者とお金持ち。そんなイメージがあります。ということで、まずは曲者、クラッチ操作との闘いがはじまります。20年近く親の運転を見てはいても、いざ自分がやるとなると難しいですよね。上の動画のお姉さんも公道でエンストさせちゃっています。

autoescuela03

二輪車教習の場合は、うしろから教官が車で追いかける教習。無線で指示を出すのでしょう。こうして実践的な練習を重ねていきます。危険といえば危険ですが、経験値が高いだけに交通事故率は日本の4分の1というデータがあります。*1道路状況が異なるといえども、スペインの交通マナーは日本よりずっといいように感じるので、納得してしまいます。

*1 詳しくは「International Road Federation」の統計で。

 

免許を取る

十分に経験を積んで「もう大丈夫!」と思ったら試験を受けます。試験は日本同様、筆記と実技の二つ。筆記は4択問題が30問で、間違いは3つまで。そして実技試験では運転のほかに「このタイヤに書いてある数字の意味は?」などの質問もされます。でも役立ちますよね。試験は25分間で、高速道路教習もあるようです。

筆記試験も実技試験も、自動車学校で受けます。自信があれば教習を受けずに一発合格を狙うこともできますが、それは非現実的なので、たいていの人は20回ほど実技レッスンを受けます。レッスンは一回45分で20~30ユーロですが、10回・20回セット、特別講座つきなどのお得な教習セットがあります。

地域や学校によって料金は大きく異なりますが、平均すると一か月間の座学と20回の実技のセットで800ユーロ(約10万円)ほどです。20回では合格できない人もいるようで、追加15回のコース(全国平均1300ユーロ)を受けることもあるそうです。日本の普通免許も教習時間は34時間なので、時間数にすると日本と変わりませんね。試験に落ちた人のために「再試験無料」という教習所もあるようです。

http://www.autoescuela-madrid.com/es_ES/coche.php

 

スペインの交通マナー

_7D_2946-Edit

ひょっとして「スペイン人は交通マナーを守らない」なんて思っていませんか?そんなことはありません。むしろ日本よりもずっとずっとマナーがいいくらいです。運転は荒い人が多い気がしますが、交通ルールはきっちり守ります。

だれかが横断歩道を渡る気配があれば、急ブレーキをかけてでも止まってくれます。なんだかこっちが申し訳なくなってきますが、イケイケの音楽が車内から漏れているような車でさえもちゃんと止まってくれます。法律で定められているとはいえ、きっちり守っているのにはびっくり。身体障がい者用の駐車スペースも必ず空けます。自転車レーンも塞ぎません。必ず弱者を優先します。あれ、確か日本の法律もそうだった気がするんですけど、気のせいでしたっけ…。[:]

It\'s only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone