セビージャのアルカサル

[:ja]sevilla-alcazar01

グラナダのアルハンブラ宮殿を見た王が「ねえ、あれマジでイケてるよね。ぼくにもあんなの作ってよ」と命じて作らせたのが、セビージャにあるスペイン王室の宮殿「アルカサル」です。建築はスペイン独特のムデハル様式で、レコンキスタ(国土回復運動)のあとに残留したイスラム教徒とキリスト教の文化が融合した様式です。特徴はなんといっても幾何学模様。ヨーロッパにいながらアラブの文化を感じます。

セビージャも人気観光地。オフシーズンでもアルカサルには一日中入場待ちの列ができているそう。この日も長い列ができていましたが、回転はわりと早め。20分も待たずに入場できました。入場料は25歳未満なのは2.5ユーロと良心的。どこも観光客だらけでゆっくりと見て回れないのですが、唯一人がいなかったのが上の写真の場所。これは浴場だそうです。わかりにくい場所にあってか、誰もいなかったのですが、個人的(写真的)にはアルカサル一番の見どころでした。

sevilla-alcazar00

sevilla-alcazar02

sevilla-alcazar03

sevilla-alcazar04

sevilla-alcazar05

sevilla-alcazar06

sevilla-alcazar07

sevilla-alcazar08

sevilla-alcazar09

sevilla-alcazar10

sevilla-alcazar11[:]

It\'s only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone