サラマンカのマジョール広場

[:ja]plazamayor01

サラマンカの人々が集う場所、それがマジョール広場です。スペインで最も美しい広場と言われています。平日は年配の人々の憩いの場。学生の街ということもあって、授業の終わる時間には若者で賑わいます。

E7D_7136
スペインの典型的なバロック様式のこの建物。建設は1729年に始まり、1755年に工事が終わりました。もともとこの広場は闘牛のために建設されたもので、19世紀半ばまでは闘牛場として利用されていたとか。いまはレストランやホテルなどとして利用されていますが、正面の建物は市役所として使われています。

plazamayor02
仕事が終わり、日が落ち始めると続々と人が広場にやってきます。

E7D_7162
plazamayor04
日没の15~20分後になると一斉にライトアップ。明かりが灯る瞬間は何度見ても感動もの。

ライトアップはカラフルに

plazamayor05
plazamayor06
祝日やキャンペーンなどで市役所がカラフルにライトアップされることがあります。

イベント

E7D_5686
広場ではよくイベントが催されます。古本市が開かれたり、巨大なステージが設置されてコンサートが行われたり。ライブがあるとなると、広場にはあふれんばかりの人が詰めかけて街が盛り上がるのです。[:en]plazamayor01
サラマンカの人々が集う場所、それがマジョール広場だ。世界遺産の旧市街の一部を成しており、スペインで最も美しい広場と言われている。平日は年配の人々の憩いの場。学生の街ということもあって、授業の終わる時間には若者で賑わう。常に人の耐えない明るい広場だ。

E7D_7136
スペインの典型的なバロック様式のこの建物。建設は1729年に始まり、1755年に工事が終了した。もともとこの広場は闘牛のために建設されたもので、19世紀半ばまでは闘牛場として利用されていた。現在はレストランやホテルなどとして利用されているが、正面の建物は市役所として使われている。

plazamayor02
仕事が終わり、日が落ち始めると続々と人が広場にやってくる。

E7D_7162
plazamayor04
日没の15~20分後になると一斉にライトアップされる。明かりが灯る瞬間は何度見ても感動する。

ライトアップはカラフルに

plazamayor05
plazamayor06
祝日やキャンペーンなどで市役所がカラフルにライトアップされることがある。

イベント

E7D_5686
広場ではよくイベントが催される。古本市が開かれたり、巨大なステージが設置されてコンサートが行われたり。ライブがあるとなると、広場にはあふれんばかりの人が詰めかけて街が盛り上がる。[:]

It\'s only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA