アビラ旧市街と城壁 | スペイン

avila01

Title: Introduction for Adventure / 冒険の序章
Data: EOS 7D, ISO-100, 1/800, f5.6

首都マドリードから西へ1時間半のところにアビラという街があります。旧市街が10メートルを超える高さの市壁で囲まれていて、その保存状態も見事です。全長2.5キロメートルの壁はレコンキスタでイスラム勢力から土地を奪還した後、反撃に備えて建設されたもの。見張り兵がいなくてもこの威圧感。当時の防衛体制を想像すると、近づこうにも近づけないことでしょう。

 

STORY

rect3400

アビラへはマドリードやサラマンカ、セゴビアからバスで気軽に行くことができます。サラマンカからはアバンサ社のバス(Avanza Bus)で片道1時間半、8ユーロほどです。サラマンカを朝の6時15分に出発して、アビラには7時45分に着く…はずでした。この日の日の出は8時30分頃。バス停から撮影を予定していた場所までは歩いて20分ほどだったので、ギリギリ朝のマジックアワーを撮影できるプランでした。しかし、ここはスペイン。遅れることもあります。

で、到着した時間はと言うと、8時…。しかもバスターミナルが新設されたらしく、ウェブで表示されていた場所が違う問題が発生。撮影予定場所から徒歩で5分ほど離れています。この5分と遅れの15分=20分が撮影にとって命取り。機材を背負って猛ダッシュで場所へ向かうも間に合いそうもなかったので、それなりによさ気な場所で撮影開始!結果、空はいい感じなのに、要素がなんとも微妙な写真になりました…。ところが、しばらく待っていると空がどんどん赤くなってきました。

 

アビラの朝

avila10

かっこいい!

avila11

そんなこんなで、とりあえず撮影を予定していた場所まで歩いてきました。日の出の直前、空が赤くなって、大聖堂のシルエットが浮かんでいました。本当はここで「21世紀の平和なアビラ」というような絵を狙っていたのですが、真っ赤に焼けた空もイスラムとの戦いを象徴しているようで、これはこれでありだったと思います。

 

アビラの街

avila02

アビラの街は標高1000メートルのところにあって、周囲は山に囲まれています。スペインというと雪のイメージはありませんが、ここは冬になると薄っすらとではあるけど雪化粧をするそう。

avila07

坂の多い街ですが、旧市街は小さく歩いて散策できます。街並みもきれいで、平和な雰囲気。

 

アビラの城壁

avila03

防衛のため兵士が行き来していた城壁の上ですが、現在は遊歩道として整備されていて、北側の城壁を東から西まで、南側の一部を歩くことができます。

E7D_3582

ということで、特にすることもないので上ってきました。決して広くはありませんが、狭すぎるということもなくて歩きやすいです。ただ、日陰はほとんどないので、もし真夏の炎天下で歩くとなると体力的には辛いかもしれません。

 

展望広場

avila13

街の西、川を渡ったところに展望広場があります。アビラの街は東西に広がっていて、東から西にかけて標高が下がります。ということで、標高は高くないものの旧市街を見渡すことができます。

avila12
▲アビラの旧市街

avila_panorama1
▲アビラの旧市街(パノラマ)

 

アビラの夜

avila00

夜になると、城壁はライトアップされます。いいのか悪いのか、この日は雲がほとんどなくて、空のテクスチャもおもしろくありませんでした。曇りの日に雪化粧した城壁を撮ればおもしろい作品が撮れそうです。

avila_panorama2
▲アビラの旧市街(夜景パノラマ)

アビラという街、自分の中ではかなりお気に入りです。日本ではかなりマイナーな街だとは思いますが、アクセスがよくて、滞在時間もそれほど多くは必要ないので、セゴビアとセットでマドリードからの日帰り旅行にもよさそうです。

It\'s only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone