サグラダ・ファミリア | スペイン

_7D_8391

Title: In Progress
Data: EOS 7D, ISO-100, 1/50, f9.0

Q.どうしてサグラダファミリアの全景が写っていないんですか? A.だって建設途中だもん。ということで、完成したらまた撮りに行きます。もちろん、その時は全体が写るような作品を撮りに行きますよ。ただ、サグラダファミリアの周辺には建物が多いので、全体が収るようなおもしろい構図を見つけるのは難しそうです。

 

STORY

_7D_8259

今回のバルセロナ旅はマドリードのバラハス国際空港から出発です。といっても飛行機ではなくて、バスです。利用するのはALSA社の夜行バスで、片道30ユーロほどでした(安い!)。4列シート、トイレなしで、途中サラゴサと、サラゴサとバルセロナの中間地点で休憩があります。

実は海外はじめての夜行バス。どんな雰囲気なんだろうとわくわく。バスは23時45分発で、バルセロナには翌朝の8時30分頃到着の予定です。バスが動き出すと日本同様「よい旅をー!」というようなアナウンスがあって、みんなお休みモード。のはずですが、友達どうしのお話はするし、電話をするのも当たり前。寝てる人いるの?って感じでした。

Sagrada Familia 02

バルセロナにはいくつかバスターミナルがあって、今回降りたのは北バスターミナル(Estación de Autobus Norte)。サグラダファミリアまで歩いて15分ほどの場所にあります。到着した時から空が徐々に明るくなりはじめて、サグラダファミリアが見えた頃にはいい色に染まっていました。横からのサグラダファミリアははじめて見ましたが、こんなのなんですね。

Sagrada Familia 03

さて、サグラダファミリアの周辺をうろうろしてよさ気なアングルを探します。朝だし誰もいないだろうーと思っていましたが、日本人だらけ。そしてネットで人気のアイドルさんが隣でセーラー服姿でダンスの撮影をしていました。通りすがりのスペイン人は興味津々。そういえば、スペイン語圏で最も有名な日本語は「SUSHI」ですが、次に有名なのは「HENTAI」です。たぶん。

Sagrada Familia 05

撮影も終わって、サグラダファミリアの中にも入ろうかなーと思ったのですが、このあと待ち合わせがあったので入りませんでした。きっと「えーもったいなーい」って言われるんでしょうけど、ほんとに風景にしか興味がない人間でして…。

バルセロナといえば世界有数の観光都市ですが、都会嫌いなせいか、あまり魅力を感じませんでした。街並みはそこそこきれいですし、中世の面影を残したゴシック地区や美味しいバルもあるので、友達とわいわい遊ぶなら楽しいかもしれませんね。

そしてバルセロナ、スペイン第二の都市ではありますが、公用語としてカステジャーノ(いわゆるスペイン語)のほかにカタラン(カタロニア語)という別の言語が使われています。街の広告もカタランばかり。日本でも独立問題が取り上げられましたが、ほかの都市とは同じようで違う街、そんな感じがしました。

It\'s only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone