バンコクの朝 | タイ

Bangkok01

Bangkok at the Center
Data: EOS 7D, ISO-800, 1/100s, f3.2

経済成長著しい東南アジア諸国。タイもそのひとつで、バンコクの中心部は東京にも負けないほどの大都会。クラクションが鳴り響き、渋滞があちらこちらで発生するこの街も、早朝はゆとりがあります。すこし中心部から離れたウォンウェンヤイ駅から、高層ビルの立ち並ぶエリアを狙いました。きっと10年もしないうちに同じアングルでも空はもっと狭くなっているでしょうね。

 

STORY

bangkok02

バックパッカーはじめての旅は、タイへ。なぜタイにしたかというと、航空券が安かったから。そして、なんとなくバックパッカー=タイというイメージがあったから。そんな適当な理由で気づいた頃には関西空港に立っていました。

bangkok03

この旅でお世話になったのは、安さがウリの中国東方航空。上海の浦東国際空港を経由してバンコクのスワンナプーム国際空港へ向かいます。上海までの機材はB738-800。3列・3列でシートピッチも狭めですが、上海までは2時間ほどなので我慢…。

bangkok05

E7D_6833

2時間のフライトでしたが、機内食がでてきました。不味さには定評のある機内食ですが、日本発の路線だからか思ったより悪くもありませんでした。口が裂けても美味しいとは言いませんが。

bangkok06

空を飛ぶのは5年ぶり。窓の外の雲が印象的で何度もシャッターを切ってしまいました。

bangkok07

あっという間に上海に到着。空港の支援車両がボロボロで大丈夫か…と思っていましたが、ターミナルはとってもきれい。ここで乗り継ぎ時間が3時間あるのひまですが、何か買おうにも通貨は「元」なので何も買えず。

bangkok08

待つこと3時間。外が完全に真っ暗になった頃搭乗。

bangkok04

ここでもお菓子のサービスがありました。しかもトレーいっぱいにお菓子がどっさり。やったーと思ってとりあえず一口…まずい。きっとたまたまこれが美味しくなかったんだろうなーと思ってほかのを一口。やっぱりまずい。なんだろう、とても自分ではつくれないような、そして体験したことのないような科学的な味がしました。

bangkok09

バンコクに着くのは早朝。寝ないと体力も持たないのでとりあえず目を瞑ってぼーっとしていると、いつのまにかバンコクに到着。新しい空港なのでかなりきれいです。

bangkok10

さて、空港から市内へ行く方法はタクシー、バス、鉄道がありますが到着が深夜で鉄道が動いていなかったので路線バスを使うことに。路線バスのターミナルは離れたところにあるので空港内循環バスで移動します。

bangkok11

朝4時のバスターミナルに到着。着いたはいいものの、どのバスに乗ればいいか分からない。路線図がないかと探してみるも見当たらなかったので乗務員待機室のようなところへ突撃。ところが英語を喋れる人はいなかったので、とりあえず地図を見せてホステルがある場所を指さしてジェスチャーで会話。

「ここに行きたいんだけど、どれ乗ればいいの?」
「それなら俺のバスだよ!乗って!」

ということであっさり解決。しばらくしてバスは発車。タイのバスには料金徴収のおばちゃんが乗っていて、そのおばちゃんに料金を支払ます。いくらか忘れましたが、かなり安かったはず。

bangkok12

イケイケのヒップホップをBGMにした路線バスは順調に目的地へ向かって進んでいた…はずでした。

運転手「はい、着いたよ!」

僕「え、ここでいいの?」
念のため地図を見せて確認。

運転手「そうそう、ここだよ!」
ドヤ顔で言ってくるので、降りました。

バスは去って行きました。あたりを見渡しました。何か嫌な予感がしました。だって、地図に高速道路なんて書いてないのに、頭上にジャングルのような道路網があるんですから。はい、迷子です。あの自信満々な運転手はいったいなんだったのだろうか…。

E7D_6884

しばらく放浪するも、現在地すら分からないので諦めて通りすがりのトゥクトゥクを捕まえてホステルへ向かうことに。ところが、疲れていたこともあって事前に料金交渉するのを忘れていました。15分ほど走って運転手「着いたよー、はい600バーツね。」はい、でましたボッタクリ。タクシー使ったほうが安いです。乗っちゃったものは仕方ないので、なんとか値段交渉をして500バーツ(1500円)にしてもらいました。高いのう…。

でも早朝のガラガラの道路を風を切りながら暴走するトゥクトゥクはかなり面白かったので、アトラクションだったと思うことにしておきます。みなさん乗る前に必ず料金交渉しましょう。

bangkok13

さて、無事にホステルに着いて荷物を置かせてもらいました。荷物を置いて身軽になったところで大通りを散策。朝の5時半ですが、露店の準備を始めていました。

E7D_6909

しだいに夜も明け、最初の目的地「マハーチャイ」という街へ行くために高架鉄道のウォン・ウェン・ヤイ駅へ向かいました。ここで撮れたのがトップの一枚。雲のテクスチャといい、光の具合といい、自分好みの絵になりました。

It\'s only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone