古都アユタヤ | タイ

missing-time

Missing Time
Data: EOS 7D, ISO-100, 1/50s, f4.5

アユタヤ王朝があったこの場所にはいまも遺跡が残ります。しかし、ビルマの侵攻によってその多くが破壊されてしまいました。いま、失われた時間、忘れられた時間が形になってこの地に残っています。そのひとつが木の根に埋まった仏塔。破壊されてこの場所に放置された仏頭が長い年月のあいだに木の根にのみこまれてしまったそうです。

 

STORY

ayuthaya01

アユタヤへはバンコクから鉄道で行くことができます。バンコクにはいくつか駅がありますが、そのうちの「フアラムポーン駅」です。

ayuthaya03

アユタヤまでは2時間ほど、運賃は快速列車で20バーツです。フアラムポーン駅は外国人も多いので駅員さんも英語はちょっと喋れるようですが、紙に行き先と乗りたい列車の等級を書いて渡せばチケットをくれます。

ayuthaya02

発車時刻まで余裕があったので、ホームの場所を確認しておこうと思ってホームへ。するとおばちゃんが「あんた、この列車もう出発するわよ!!」と言います。「え?まだ30分あるけど?」と思いつつもホームの列車情報を確認してみると確かに自分が乗る予定の列車。急いで飛び乗ると、列車は出発しました。どうなってるの…。

ayuthaya04

ayuthaya05

車窓からはのどかな風景が見えます。窓は開閉自由なので顔を出して「気持ちイイィィ」ってできます。憧れですね。

ayuthaya06

列車は20分ほど遅れてアユタヤに到着。

ayuthaya07

遺跡のある地区まではすこし離れているので歩いて移動しますが、川を越えなければならず、徒歩だと遠回りになります。渡し船があるようなので、これを使えばショートカットできるようです。ですが、急ぐ旅でもないのでゆっくりと歩いて宿へ。

ayuthaya08

ayuthaya09

無事に宿に辿り着きました。泊まるのは「Tony’s Place」というところ。トイレ・シャワーは共同ですが、シングル、プール、レストラン、バー、マッサージ(有料)つきで一泊お一人様750円。これだからタイが好きなんです。ネットも早くて快適でした。

ayuthaya10

荷物をおろして一息ついたところで、宿の目の前にあるお店で自転車をレンタルして街の散策に。自転車は1日120バーツほどでレンタルすることができました。街の中心は運転の荒い車がいて危険ですが、ちょっと外れればサイクリングロードが整備されていて、気持よくサイクリングできます。小さな遺跡があちこちに点在しているので、見て回ると楽しい。とても良い街でした。

アユタヤの詳細はこちら:http://travel.yukison.com/archives/276

It\'s only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone